すべては結城紬のために

弊社社長井上泰臣が抱く、「本物への拘り」本場結城紬への思いが朝日新聞2017年3月15日(夕刊)に掲載されました。

朝日新聞-20170315掲載

国の重要無形文化財、そしてユネスコ世界無形文化遺産。こんな称号を持つ織物、それが本場結城紬だ。しかし本場結城紬と呼ばれる為には、条件が三つある。
一、使用する糸は真綿より手紡ぎしたものだけとし、強撚糸は使用しない。
一、絣模様を着ける場合は、手くびりによること
一、地機で織ること
この条件をすべて満たし、検査に合格して本場結城紬と呼ばれる。本場結城紬とは、単に結城で織られた紬、ではないのだ。

中略

暖かく柔らかな風合いが特徴の結城紬を結城紬たらしめているのは、三つの条件中でも特に糸。結城紬の糸作りは、きわめて独特だ。

中略

だが、かつて結城は不正糸の問題に揺れたことがあった。井上氏は言う。「糸なんていうことは、共通認識として国産糸であるという前提で、それまで疑いもしなかったですから。糸は糸屋さん、機は機屋さんて、みんな餅は餅屋で。ところが、外国で作っている糸じゃないか、手紡ぎの糸じゃないんじゃないかっていう問題が・・・」。消費者が疑問に思って持ちこんだ商品を検査した結果発覚した話だ。また、国産真綿から紡いだ糸のはずなのに、その生産量に比して紬の反数が多いという不思議なことがあったと言う。そのため平成二十六年に本場結城紬検査協同組合の検査規定を「国産手つむぎ糸以外での原料糸を使用した製品は受検出来ない」と改定した。

中略

正真正銘の本場結城紬を守るために独自の道を歩き始めたのだ。糸は国産以外取り扱わないと決めた。そして考えたのは、消費者への品質保証。製品一つ一つに品番を打ち、誰の作った真綿なのか、糸なのか、手くびり絣なのか刷り込みなのか。こと細かに、宝石の鑑定書のような保証書をつけて渡すことにした。勿論国産手つむぎ糸以外は一切受けつけない厳しい検査を行っている。

中略

結城紬はきわめて価値の高い織物だ。国内での評価だけでなく、世界的にも認められた織物。名誉あるその評価の高さゆえ、抱える問題は大きく深くなるのかもしれない。今こそ正しい情報を出さなくては、と井上氏は考える。

朝日新聞2017年3月15日(夕刊)掲載広告より

▲ページトップへ