お知らせ 

本場結城紬は 昭和31年に国の重要無形文化財の指定を受けました。
指定要件は下記の3点です。

1、使用する糸は、すべて真綿より手つむぎしたものとし、強撚糸を使用しないこと。
2、絣模様をつける場合は 手くびりによること。
3、いざり機で織ること。

ところが、今から約20年前から中国糸の使用が明らかになり また中国で生産された商品に検査組合の合格の証紙を貼られ販売されている事実を突き止めました。本場結城紬検査協同組合は 平成10年4月に組合内の検査規約の改訂を行いました。(別紙参照)
「真綿から手でつむいだ国産の手つむぎ糸を用いること」
なお 未だに不正糸や どこで織られたのか分からない商品が多数市場に出回っているため 平成24年に全生産者、卸商組合員に対し再度 同じ書面を(本場結城紬の原料糸について)を配布しました。

あなたのお持ちの本場結城紬は 大丈夫ですか?
ご不安なことがございましたら、当社までご連絡ください。
できる限り お調べします。

※当社のグループ会社と称して営業をしている会社があるようです。当社には グループ会社や子会社は一切ありませんので 十分お気をつけください。
▲ページトップへ