結城紬 本場結城紬 本物とは

 やっとこのお知らせができることになりました。
1月13日の茨城新聞 14日の日本経済新聞に本場結城紬の検査が今までされてこなかった 原材料の明確化が義務付けられるということです。井上商事は 十数年前からからずっと言い続けてまいりました・・・平成10年4月1日付で本場結城紬検査協同組合の規約改定の際 はっきりと真綿から手で紡いだ国産の手つむぎ糸を用いること。と謳ってあります。これで 輸入糸やもっと質の悪い糸の反物が無くなってくれればと 願っておりますが・・・
 私どもの製品は 今までもこれからも ご安心していただけます。
 私どもの製品に丸に井桁のマークが付いておりますが 他社にも同じマークが付いている物がありますので 井上商事蠅寮宿覆鬚干稜Гださいますようお願いいたします。
 今まで 国産糸の需要が少なく糸取の方が激減 そのため真面目に国産糸を織り上げてきた 本物の織り手さんたちがやっと報われます。
 井上商事は 保原の入金袋真綿を守り 真面目な織り手さんを守り 何よりも本場結城紬ファンの皆様を裏切りません。
 ご不明な点がございましたら いつでもお答えいたします お気軽にお問い合わせください。
▲ページトップへ